税金の心配はない

B型肝炎に感染してしまったことは、不幸なことであるのは間違いありません。集団予防接種での感染経路の場合、国が一定の保証をしていることは知っておかなければいけないでしょう。給付金というかたちになりますが、申請しなければもらうことができません。ここで心配になってしまうのは、大きな給付金をもらったとしても、これが税金の対象となってしまうのではないかという心配です。かなりの金額になれば、支払いだけでも四苦八苦しなければいけなくなると考えるのは当然の流れでしょう。

税金B型肝炎の給付金は、救済のためにおこなわれているものです。これは、国税庁もはっきりと声明を出していますが、課税対象ではありません。非課税となるため、心配する必要はないでしょう。損賠賠償金には課税はされませんので、申請はどんどんと進めていくべきです

では、亡くなった人に支給された場合には、これが相続にあたるかどうかも焦点となってきます。こちらに関しても、遺族に直接支払われるかたちをとるため、相続にはならないため、相続税が発生しません。もともと、トラブルの救済として支給されているものですので、税金で支給を考えてしまうといったことはないように作られています。

亡くなったケース

集団予防接種から感染してしまったB型肝炎では、さまざまな区分が存在しています。直接感染した場合に給付金が支給されるのはわかりやすいところですが、実際には二次感染や三次感染も発生しているのが問題です。この三次感染者までは対象となってくることが重要ですが、問題はこのような経路のB方肝炎で不幸にもなくなってしまったようなケースになるでしょう。さまざまなメディアでも取り上げられるようになった集団予防接種によるB型肝炎による感染ですが、亡くなってしまったようなケースでも給付金の対象となってきます。意外に知られていないのは、かなり不幸なことではありますが、放置するべき問題ではないでしょう。

集団予防接種B型肝炎に感染するケースでは、集団予防接種があるわけですが、はっきりと認識できることも多い問題です。ところが、母親になったり父親になったりすることで、子供たちに感染してしまった二次感染のようなケースも多数あります。本人だけは事実に気がついていますが、非常に大きな範囲で給付金は支給されているため、知識を身につけておかなければいけないでしょう。こうした問題も弁護士であればすぐに判断ができますので、まずは感染している可能性がある人が相談してみるのが大切です。

受給資格の問題

B型肝炎に関する給付金には、受給資格が存在します。集団予防接種によって感染したほかにも、さまざまな原因があるでしょう。その中で、集団予防接種によって感染したことを証明することによって、給付を受給できるようになっていきます。改名しなければいけないところになってきますが、証明できれば受給できるようになることは、かなり大きな意味を持ってくるでしょう。ここを理解しておかなければ、先に進むことができません。

相談B型肝炎に悩まされている方は、かなりの数に及びます。そのまま放置している人も実際にはいることも社会的に大きな問題となりました。条件によっては感染の拡大につながってきている問題でもあり、これによって感染した場合には、受給の対象となるところも知らなければいけないところになるでしょう。

B型肝炎に関して言えば、知らないことは損をするだけです。知らずに感染が拡大した場合には、そこまで給付金が受けられるようになっていることは救いではありますが、できれば拡大を抑えていくほうがいいでしょう。わかりにくい部分もあるのは確かです。だからこそ早期の対応も必要ですので、どういった対応をしなければいけないかと悩んだときには、弁護士に相談してみるのが一番でしょう。

〈参照HP〉B型肝炎訴訟